1. Top
  2. » 景気減速

オーストラリア中央銀行 利下げの可能性示唆 オーストラリアドル下落

ブルームバーグより為替・金利・オーストラリア経済関連ニュースです。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a60CET_B3GCM

引用開始

オーストラリア準備銀行(RBA)は、景気減速でインフレが抑制される兆しが見られるなか、ほぼ7年ぶりの利下げに動く可能性を示唆した。

RBAのスティーブンス総裁は5日の政策決定会合で、政策金利である翌日物オフィシャル・キャッシュレートを7.25%に据え置く決定をした後、「需要の鈍化を背景に、金融当局は今後、現行よりも引き締め姿勢を緩めた政策に移行する余地が拡大しているとみている」と説明した。RBAは過去1年間に4回の利上げを行ってきた。

景気が減速し、オーストラリアの航空最大手、カンタス航空など一部企業で人員削減が実施されるなか、中銀は来月にも利下げを行うとの見方が広がり、豪ドルは3カ月ぶり安値に下落している。
前回利上げが行われた3月以降、同国の小売売上高と消費者信頼感、住宅価格はすべて下向き傾向にある。

RBCキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト(シドニー在勤)、スーリン・オン氏は「RBAは、中立姿勢から極めて明確に緩和気味のスタンスに向かった」とし、「金融状況は過度に引き締まった状態との認識がある」と指摘する。

豪ドルは米ドルに対し、シドニー時間午後3時38分(日本時間同2時38 分)現在、1豪ドル=0.9226米ドルと、政策金利据え置き発表前の同0.9272 米ドルから下落している。
2年物豪州債の利回りは18ベーシスポイント(bp、bp=0.01%)低下の6.01%。豪ドルは米ドルに対し7月16日に、0.9849米ドルと25年ぶり高値を付けて以来、約6%下落している。

スティーブンス総裁はこの日、2010年にインフレ率は3%未満に低下するとの見通しを示した。
同総裁は「今後も需要は抑制された状態が続き、経済成長は極めて鈍いペースとなる可能性が高いとみられる」と語った。

豪州経済の景気拡大は17年目になるが、今年1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)成長率はほぼ2年ぶりの低水準だった。

同総裁は「引き締め気味の金融状態に、燃料価格の高騰や資産価値の下落などの要因が加わり、需要の抑制につながっている」との認識を示した。

ブルームバーグ・ニュースが調査したエコノミスト24人全員がこの日の金利の据え置きを予想していた。

引用終了
カテゴリ
FX取扱業者
最新記事
リンク

このブログをリンクに追加する

RSS
タグ

FXスワップ金利オーストラリアドルスワップポイントニュージーランドドルトルコリラレバレッジ利下げスプレッド南アフリカランドアストマックスFX景気減速デイトレードRBAGDPオーストラリア準備銀行アイスランドクローナインフレ株式外貨投資外貨サブプライムコモディティ価格FXトレーダーカナダ経済カナダドル資産運用米国景気ニュージーランドひまわり証券米ドル金利高金利フォーランドオセアニア通貨原油価格米国債円キャリートレード消費者信頼感指数システムトレードシステム売買プログラムサンプルビギナーサポート注目銘柄ノウハウ指南書トレイダーズ証券外国為替取引原油安原油先物CFD損切り利益確定ネットフォレックス24時間オンラインNY為替市場景気後退FX初心者トレーダーズ証券マネックスFXFXプライムFX会社FX取引分散投資ロスカット管理リスクコントロールサイバーエージェント英ポンドリテラクレア証券口座為替高金利通貨楽天証券くりっく365ボラティリティ外貨MMFFX初心者必勝法デイトレFOMCECB金融政策米連邦公開市場委員会アイアール投資スクール外為経済成長率FXブロードネットオーストラリア株取引アイスランドクローネ政策金利フォーランドフォレックス商品相場資源国銘柄外為証拠金取引オセアニア通貨リセッション